植林活動 これまでの植林実績 157,926 植林スタンバイ数 18,991

第7回 2009年10月 ブルキナファソ - マンゴ66本

2009年10月、NGO緑のサヘルを通じて、ブルキナファソへマンゴの樹種、66本の植林をいたしました。

現地レポート

今年、ブルキナファソは、降雨が順調でした。しかし、集中豪雨のような降り方であったため、首都ワガドゥグでは、9月1日に洪水が発生しました。幸い、植林実施地では、洪水にはなりませんでしたが、地域の中心にあるバム湖が大規模な氾濫を起こしました。植林予定地が水没したため、遅くなってしまいましたが、11月現在ではすっかり水が引いています。植えられたマンゴも新葉を出しており、順調に成長しています。住民は植林地の拡大に意欲的になっており、これからの希望を熱く語ってくれました。

皆様からのご支援は、着実に現地の方々の励みになっています。これからも、宜しくお願いします。

協賛
Photo+Ecoプロジェクト Photo+Ecoプロジェクト
美しい風景を撮って、記録に残す。その風景がいつまでも残るように、写真とエコを結びつけたのが「この美しい景色を100年後にも残そう!」プロジェクト。 あなたが撮った1枚の写真をエコ活動に利用しませんか。
植林委託NGO
緑のサヘル 「緑のサヘル」は、サヘル地域の砂漠化を食い止め、危機的な状況にある住民の生活を改善することを目的に、1991年3月に設立されました。
翌1992年2月にはチャド共和国、1996年11月にはブルキナファソにおいてプロジェクトを開始しました。また、2006年4月からはサヘル地域の外にも活動を広げ、タンザニアにおいてもプロジェクトに着手しています。

NGO名称 緑のサヘル  [OFFICIAL SITE]
所在地 〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町16番地田澤三ビル3階
設立年月 1991年3月
代表者 岡本 敏樹
事業対象分野 植林・森林の保全、農村開発、農業、適正技術、給水・水資源、食糧・飢餓、女性
提携NGO募集 運営会社 スタッフブログ ニュースリリース よくある質問 パスワード忘れ 利用規約 メディア掲載 フォトスペース