NGO GNC Japan | グリムス(gremz)

NGO GNC Japan


GNC Japan 「共存への貢献」の一端を担うことを目的とし、サスティナブルな地域づくり、国づくりを実現するためのきっかけとなるために、共に動くNGOです。
信頼のネットワークを築き、広げていくための場と仕組みを創造し、ネットワークの核となる人材が集まり、育っていくための環境を提供していきたいと考えています。

NGO名称 GNC Japan  [OFFICIAL SITE]
所在地 〒176-0004 東京都練馬区小竹町 2-16-12-103
設立年月 1995年
代表者 宮木いっぺい

GNCの主な活動内容

1:人づくり
モンゴル国で小中高校生を対象に、環境について学ぶためのエコ教室を、大学生を対象にエコツアー、セミナーを実施。 また、環境問題の啓蒙ポスターも作成している。 日本国内では、モンゴル人留学生を対象にスタディツアーを実施。 また、複数のNPO団体との定期的な合同研究&活動報告会を開催している。

2:森づくり
モンゴル国セレンゲ県において2004年より森林被災地の再生に取り組んでいる。
2004年9月愛・地球博2005のプレイベントとして海外での唯一の企画、モンゴル国際植樹祭を(財)2005年日本国際博覧会協会、(社)国土緑化推進機構と共催し、 その後「日・モ友好の森づくり」事業としてGNCが引き継いでいる。
2007年春までに通算80ha24万本のアカマツを植林してきた。 また、2007年春からは寄付金によるGNC独自の「GNC共存の森づくり」と各企業と連携した森づくり、たとえば、「生命(いのち)の森づくり」などを実施している。

3:公園づくり
モンゴル国立大学エコロジー教育センターと協力し、2002年からモンゴル国ウランバートル市内においてエコ植物園づくりを実施、2005年9月に開園した。 モンゴルの地元メディアにも大きく取り上げられ、地元住民の憩いの場となっている。 2006年からは、モンゴル国立音楽舞踊学校と共に新たな公園づくりがスタートした。

4:苗畑づくり
近年、モンゴル国では 苗木が高騰、根が落ちた粗悪なものも出回っている。 GNCでは 2006年より質の高い安価な苗木の供給を目指し、 トゥブ県バヤンチャンドマン村と協力し、苗畑づくりに取り組んでいる。

5:GNCモンゴル
2007年3月、モンゴル国においてGNCモンゴルの法人登録が行われ、モンゴルの人たちによるNPOが正式にスタートした。 彼らは GNCジャパンと共に「緑」にあふれた 「安心」して暮らせる社会づくりに取り組んでいく。

2004年5月撮影
2004年5月植林スタート時
2006年9月撮影
2006年9月撮影
2008年9月撮影
2008年9月撮影
2011年9月撮影
2011年9月撮影
2008年9月撮影
2015年9月撮影
提携NGO募集 運営会社 スタッフブログ ニュースリリース よくある質問 パスワード忘れ 利用規約 メディア掲載 フォトスペース