思い出のアルバム

こんにちは、イッシーです。

3月も最終日となり明日から新年度となりますね。
新しい環境への期待と不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。

「温故知新」-故きを温ねて、新しきを知る
ご存知かと思いますが、孔子の言葉です。

心機一転!
と思うこの時期だからこそ、過去と未来、両方を見つめることが大切になりそうですね。

私が最近振り返った過去のこと。
それは、幼少のころからの写真の整理をしたことです。

私は4人兄妹なのですが、
兄のアルバム2冊
私のアルバム1冊
妹のアルバム1冊・・・の半分くらい
一番下の妹のアルバム・・・(苦笑)

よく聞くパターンですが、下の兄弟ほど写真が少ない。
我が家ではアルバムすら作られていないようです。

でも、写真がない訳ではありません!!
全員の写真が1つの袋に詰められているんです(フォロー)

知ってはいたけれど、誰も手をつけず、
一番下の妹が成人式を迎えたこともあり、整理をすることに。

まずは、あきらかにわかる写真をそれぞれに整理。
日付や、周りに写っている友達から判断できるのですが、
わからない写真も多数。
「誰のだろう?」と思う写真は母が判別(笑)

我が兄妹はみんなそっくりと言われていて、幼いほどに見分けがつかなかったりするんです。(祖母ですら、間違えますから(笑))

写真を整理しながら・・・

妹がプールに溺れたことや、自転車で転んで歯がかけたこと。
私と兄は毎日のようにけんかして怒られていたこと。
忘れかけていたちょっとした記憶がよみがえりました。

何日かかけて整理が終わり、個々の写真は本人の元へ
ここからアルバムにするかどうかは本人次第のようです(笑)

私は、そのうちアルバムを作ろうと思っています。

・・・

そのうちに(汗)

コメント投稿