ものもらい

こんにちは。TKです。

最近は、夏の気配もなくなり、本格的な秋になってきましたね。

さて、今回は久しぶりのブログとなりますが、
私、、、これといった趣味もなく、、、ただ単に休日は家で過ごすことが多いいため、
特に書くことがありません、、、
と、思っていましたが、リアルタイムで書けることがありました~~~!!!

それは、『ものもらい』です!(生まれも育ちも関東なので、『ものもらい』と表現します。)

今までは、毎年2~3回ものもらいが発生し、
眼科も特に行かず自然治癒で対応していたのですが、
今回のものもらいは、目を瞑っているとき以外は傷みがあり、
さすがに治療をしないとヤバいと感じたため、眼科に行きました。

眼科での検査では、悪性ではなく良性とのことでしたので、
目薬をもらい、1~2週間の様子をみて、再度、眼科に行くことになりますが、
そろそろ、1週間、、、
痛いです、、、
むしろ腫れが酷くなっています。
目薬を信じて治ることを神頼みしている毎日です、、、

まぁ~いずれ治ると思っているので、
そこまで心配していないのですが。。。

今回、周りの方にも「また、ものもらい!?」と言われたので(若干、ウザがられたので、、、)
初めて調べてみました。
ものもらいには、大きく分けて「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」と「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」
という2種類があるそうです。大体の症状としては、以下になるそうです。

「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」
・・・まぶたが腫れ、しこりができ、傷みは伴わないそうです。自然と治癒するようですが、
悪化した場合は、痕が残る場合もあるそうです。

「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」
・・・日ごとにまぶたが赤く腫れ、次第に瞬きするだけで傷みが増してくるそうです。
なお、溜まっている膿が破裂すると、次第に治癒していくそうです。

状況からすると、今回、私が発症したのは麦粒腫ですね(多分)
傷みが日に日に増しているので、、、、(何度も発症しているので、免疫はありますが、、、)
更に調べたところ、早く治すには次の行為は控えたほうがよいそうです。

①コンタクトレンズをしない。
②眼帯はしない。
③アルコール類は控える
④寝不足をしないようにする。
⑤ストレスを溜めない。

う~ん、、、③~⑤が毎日当てはまります。
なので、治りが遅いのですね、、、
控えます(多分)

皆さんも、ものもらいになった際は、是非、眼科に行っていただき、
アルコール類は控え、ストレスフリーな生活をしてくださいね!

※ものもらいは感染しません。

コメント投稿