内モンゴル自治区での植林に関して

img_index_05.jpg

急遽、第1回目の植林活動を内モンゴル自治区にて4月に行うことになったわけですが、
ちょっと内モンゴル自治区という場所や状況がどういうところなのか超簡単にまとめました。

まず、内モンゴルは朝青龍でおなじみのモンゴル国ではありません。中国の北方の自治区です。

昔は大草原の広がるエリアだったそうですが、現在は過剰に家畜を放してしまったせいで、草木がむしり食われ砂漠化が進行しているそうです。(FoE JAPANスタッフ談)
※草原の砂漠化に関してはFoE JAPANさんのサイトに詳しく書かれています。

今回の植林はポプラという樹種です。
こちらも育てやすく、成長が早い、しかも安価のため中国でも植林を行う際はポプラを植えることが多いようです。今度写真でその早い成長っぷりもご紹介したいと思います。

FoE JAPANさんでは毎年夏に内モンゴルへの植林ツアーをというものを催行しているようで、
一般方でも参加できるようです。今年の案内が入りましたらグリムスでも紹介しますね。

コメント投稿