チームでウェブサービスを運営するならGoogle Sitesが便利ですよ。

Google Sitesで情報共有

グリムス運営チームは普段はそれぞれ職場の異なるサラリーマンで運営しているため
スピーディかつ確実な情報共有が非常に大事です。

だいたいはメーリングリストで済ませてしまっているんですが、

  1. スケジュール
  2. 個人タスクの進捗管理
  3. 共有データ
  4. アクセス解析やその他必要な指標
  5. 各データベース、利用中のASP管理画面
  6. ブログやツイッターなどのツール類のログイン情報

などメールにしちゃうと必要なときに探したり、定点観測しにくい情報が
あったりしますので、そういう情報はGoogle Sitesで管理しています。

上部の画像がグリムス専用のGoogle Sitesのトップ画面です。
ちなみに僕らはどういうわけは「グリムスポータル」って呼んでいます。
オンライフを運営するヨセミテでも同じ使われ方をしているみたいですね。

こういうグループウェアのようなものが無料で使えるってほんとすごい便利な世の中ですよね。

実はGoogle Sitesにたどり着くまで紆余曲折がありまして、
もともとは非公開のブログで管理していたんですよね。
ブログだとグループウェア的な使い方は厳しいということで
開発者用の難しめのツール(名前忘れた・・・)も導入したりしたんですが、
やっぱり毎日使うツールは簡単じゃないと受け入れられないというか
自分が覚えられなかったのでちょーどそのころwikiタイプのGoogle Sitesが登場して
こりゃ便利だわ、と落ち着いた次第です。

あとグーグルつながりで簡単にウェブサイトのABテストを行うことができる
ウェブサイト オプティマイザーというものがあるんですが
こちらも近日中に導入してwebサイトの細かな改善をしたいと思ってます。
こちらに詳しい記事がありますよ。コレも便利そうです。
Googleの無料テストツール・ウェブサイトオプティマイザーでコンバージョン率を上げる

コメント投稿