宣伝会議「インターネットマーケティング完全ガイド2009“コスト削減時代に効くWeb戦略”」に掲載されました。

本日、5/29発売の宣伝会議「インターネットマーケティング完全ガイド2009“コスト削減時代に効くWeb戦略”」
にブログパーツの事例として取り上げていただきました。

ウェブが中心なのではなく、ユーザーが中心。

ユーザーに「価値がある」と判断させるコンテンツ、あるいはサービスを生み出すことができた企業が先んじて、ユーザーの心を動かし、モノを動かし、新たなステージへと進んでいます。本書では、2009年のウェブマーケティングの最新潮流を読み解くとともに、2008年後半から2009年前半にかけて実施され成果を上げた各社のウェブ施策の実例を完全図解。これから企業がウェブをどう使いこなすべきか、次の戦略立案に必携の1冊です。

そうなんです、ウェブは常にユーザーが主役なのです。
グリムスもこの当たり前だけどついつい忘れがちになってしまう「主人公=ユーザー」を念頭に、よりよいサービス作りをしていきたいと思います。

インターネットマーケティング完全ガイド 2009 2009年 07月号 [雑誌]

コメント投稿