週刊ダイヤモンドで社会企業家の特集が組まれています。

こんにちは、笹森です。

たまに特集によっては立ち読みする程度の週刊ダイヤモンドですが、
今週はさすがにちゃんと購入しました。今週の特集は「社会企業家特集」です。


「社会起業家」全仕事 あなたにもできる世直しビジネス
政治の世界でも経済の世界でも今、既存の価値観が大きく揺らいでいる。そのなかで、事業として利益を上げつつ、自ら社会の問題を解決する「社会起業家」という生き方が、特に若い世代を中心に注目を浴びている。「社会を変える」ことに挑戦する人びとの仕事の中身と、この動きの背景にあるものを探る。

これを読んで気になったのは

  1. 若い人が多い
  2. インターネット活用が外せない

という2点が社会企業家と呼ばれる人たちに多いということ。

グリムスも大きな使命と呼べるものはないけど、
1つだけ言えるのはインターネットがなかったら100%実現しなかったということです。
さらに仕事の合間に5人で30,000人以上のユーザーデータ、サポートに対応できるというは
インターネットの強みなのかなと思います。
(すいません、それでもメールのお返事が遅れることも多くご迷惑おかけしています・・・)

この号でも取り上げられている「株式会社ヨセミテ」という会社。
インターネットの強みをとことん利用した世直しビジネス
(中の方が「ネットで世直し」と言ってました。語呂がいいですよね。)
を行っており、第1弾として「みんなの闘病サイト オンライフ」という
闘病情報の共有サイトを公開しています。

この会社情報を読むと社会問題という扱うにはあまりに大きな問題も
インターネットを活用すれば個人・組織の力を大きく超えて影響を与えられる
ということにわくわくさせられます。

ヨセミテには何度か会社にお邪魔させてもらったり、一緒にフリーマーケットに出店したりと仲良くさせてもらっていて、いちヨセミテウォッチャーとして今後のヨセミテに注目したいと思います。

ヨセミテの中の人にオススメしてもらった
マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった
読み物としてもエキサイティングなのですが、さらにボランティア、寄付、資金の重要性など
今までのNGO、NPOにあったイメージが大きく変わる一冊でした。

コメント投稿