Blog Action Dayのテーマ「貧困」について(by gremz)

今日はBlog Action Dayです。
Blog Action Dayは毎年10月15日に、みんなで一つのテーマに対するブログを書き、
その日に発生した収益を寄付をしよう!というイベントです。
今年のテーマは「貧困」です。
(去年のテーマは「環境」でした。その時のエントリーはこちら)

普段スタッフブログはサービス企画を担当している笹森が書いているのですが、
今日は応報・PRを担当する相川がいつもと異なるトーンで「貧困」について書いて
グリムスとしてBlog Action Dayへ参加したいと思います。



僕(=アイカワ)は常々世界は不平等にできている、と感じていて、
それは生まれた国や地域によって、
その後の生活が大きく左右されてしまうからです。
異論はあるかもしれないけれど日本に生まれた僕らは、
相対的に言えば恵まれていると思っています。

とはいえ、日本にも貧困問題は存在していて、
貧困問題に立ち向かうNPOも存在しています。
その中でアイカワが個人的に応援しているのが、
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、という団体。
彼らはホームレス問題を、金銭的な問題という一側面だけでなく、
社会的な孤立としてとらえています。
つまりホームレス問題とは金銭的な貧困であり、
人間関係の貧困である、というわけです。

それを解決しようと前述の「もやい」では、
アパートの入居支援を行っています。
彼らのウェブに説明が乗っていますが、
「人間関係の貧困」を象徴するのが、
「アパートに入居したくても連帯保証人が見つからない」
というケース。
そういった場合の連帯保証人を提供するシステムも、
もやいが行っている入居支援の一つの在り方です。
詳しい説明はもやいページにて。

と、今回もやいを紹介しているには別の理由があります。
なぜなら彼らは資金繰りに困っているからです。
くわしくはこちらのページにありますが、
もやいを支援していた大口企業の一つ、リプラスが倒産し、
その結果、もやいは年間の40%もの寄付金を失ってしまいました。
そして現在緊急カンパキャンペーンを行っています。
多くの実績を残した団体が危機に瀕しています。

冒頭に書いたのですが、Blog Action Day、とは、
その日にテーマに準ずるブログを書いて、
その日に発生した収益をどこかへ募金をするという運動です。

僕はグリムスと、自分のブログで発生した15日分の収益を、
この「もやい」へのカンパにしたいと思っています。
ほんのわずかな金額になると思いますが、
目の前にある貧困と闘う人々の一助になればと思っています。

今の世界では、貧困は誰にも訪れうる問題だと思っています。
でも残念ながらそれに対するセーフティーネットは強固とは言いがたいです。
だからこそ、最前線でセーフティーネットとして戦っている人々に、
少しでも手助けをしたい、と思っています。

コメント投稿