【植林】第2回目の植林がブルキナファソにて実施されました。

植林実施完了のご報告です。
2008年7月19日に、ブルキナファソのバイエンフルゴ小学校にて
ニームとユーカリを合わせた300本の植林を実施いたしました。
当初の予定ではニーム300本の予定でしたが、現地事情により一部をユーカリの苗へ変更しております。

現地レポートや写真、証明書などはこちらに公開しております。

遠い遠い西アフリカの地にこうやって無事に植林が実施され、
その様子を写真で見ることができるってすごいなぁ、と感じてました。

今後も多くの植林を実施できるよう、グリムスの運営強化と共に
皆様のブログエントリーも引き続きよろしくお願いします。

現地の様子


現地の様子


3 Responses to “【植林】第2回目の植林がブルキナファソにて実施されました。”

  1. ふう Says:

    グリムス運営スタッフの皆様
    お疲れ様です。

    いつか私のグリムスも
    植林される日が来ますよう
    これからもエコ生活に励み
    グリムスを育てていきます。

  2. みんみん Says:

    お疲れ様です。
    1本目の樹が今回の植林の対象になっていましたので、無事に(レポートを見るとそうでもないようですが)実施されてよかったです。
    間もなく、4本目に入ります。内容的にエコなブログではないのですが、少しでも力になれればと思っています。

  3. のんちゃん Says:

    アフリカの貧しい環境と、こどもたちが企業の活動や宣伝に利用されているようにしか見えんかった・・そこでのこどもたちのマインドの本質は「本心で笑んでいない」ことが良く解る・・ドジ・・

    300本植林するくらいなれば・・その全ての費用を、生活場の誘導と村の形成に利用できなかったのだろうか・・周囲の住民たちの生活を安定させてから植林を行うのと、周囲の住民たちの生活を安定させずに植林を行うのとでは、

     A.落ち着いたマインドで植林が行われた。
     B.半ば、やらざるをえない環境で手伝った。

    A.と B.の基準も解らんようだな・・NGOは・・世の中、そんなもんだ・・

コメント投稿