風物詩

早いもので、暦はもう9月。
そろそろ、秋支度を楽しみたいものですね。

こんにちは、マリモです。
驚異的な今年の暑さを、皆さまはどのように乗り切りましたか?
例年に比べると、冷房の使用率があがった我が家ですが、
それでも極力、空調には頼らず過ごしました。
野生児のように野山をかけまわって育った私は、
少々汗をかいていても、夏は暑さを堪能していたい派(^^)b
そんな中で、少しでも “涼” を感じる瞬間が、たまらなく好きです。

たとえば・・・
窓から吹き込む風がレースのカーテンを揺らしているのを見たとき。
カラーンと鳴るグラスの氷や晩夏に鳴き始める虫の音を聞いたとき。

一瞬であっても、木陰など自然の涼やかな光景を思い出させてくれます。
これって、視覚や聴覚で “涼” を楽しめているんですよね。

そしてここ数年、私がはまっている嗅覚の “涼” に、
蚊取り線香が加わりました。

katorisenko_re

やさしく漂ってくるこの香りは、
田舎のクールな空気を思い出させてくれます。
しかも、ついでに虫を追い払ってくれて一石二鳥!
ただ、寝る前に蚊取り線香を消し忘れると大変です。
窓を閉めきった部屋の中に煙が充満して、白くモヤがかかった状態に・・・
警報機が鳴らなくて良かった~(×▽×)

幼少時代の体験が、大人になった今も五感を刺激して
いろんなことを思い出させるのだと思うと、
自分の子供にもしっかりと自然を満喫させたいと願うのです。
と言うことで、我が家の娘は汗ダラダラになってもすぐに冷房に頼ることなく、
シャワーを浴びたり、ベランダに水を撒いたりしてクールダウンしています。

いくら猛暑が厳しいと言っても、やがては訪れる秋。
これから深まる秋には秋の、冬には冬の楽しみ方がいくつもありますね。

因みに秋は、枯れ葉を踏んだときの音を楽しむのが好きです。
娘も私の好みを知っていて、私が狙った(踏むと、いかにもカシャカシャと
大きな音をさせそうな)枯れ葉を先に踏み荒らして、得意顔です(`ヘ´)

今年の秋は、どこへお散歩しようかな~。

☆マリモ☆

コメント投稿